Mi 9 SEのグローバル版がもうすぐ発売される

Xiaomiのミッドレンジモデルでコスパ最強のMi 9 SEは、2月末に中国国内で発表され、中国大陸で販売中ですが、そのMi 9 SEのグローバル版がもうすぐ販売されるとのことです。

今まで、Mi 9 SEに関しては中国国内以外では音沙汰なかったのですが、先日、XiaomiのグローバルサイトにMi 9 SEが追加されました。

今まで、公式のグローバルサイトに機種があがっても販売されることがなかった機種が何個かありました。しかし、MWC2019において、グローバル版のMIUIで動いているMi 9 SEが発見されているので、Mi 9 SEのグローバル版の発売は信憑性が高いでしょう。

Xiaomi Mi 9 SEはQualcommの最新SoCであり、10nm FinFETプロセスで作られたSnapdragon 712を搭載しつつも3万円台に抑えた高いコスパが特徴です。

IMX586というSonyの4800万画素のセンサーを採用し、カメラの解像度も高く、安いスマホにありがちな「カメラ性能が悪い」こともなさようです。

なお、他に1300万画素のワイドアングルカメラと、800万画素の望遠カメラがあり、トリプルカメラとなっています。

ディスプレイは水滴ノッチの5.96インチで、この価格帯では珍しいAMOLEDディスプレイです。

内部性能としては6GBのRAMと、64/128GBのROMとなっており、容量にはかなり余裕がある印象です。3070mAhのバッテリーというのは少し心もとないですが、3.5mmイヤホンジャックがあり、総合的な使い勝手はかなり良さそうです。

基本スペック
ディスプレイ 5.97インチ, 1080 x 2340, 有機ELディスプレイ, 432ppi
サイズ 147.5 x 70.5 x 7.5mm, 155g
システム
OS Android 9.0 (Pie)
Soc Qualcomm Snapdragon 712
CPU Kryo 360 8コア, 2.3 GHz
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ 64GB / 128GB,  microSDスロット無し
カメラ
メインカメラ  48 + 13 + 8MP, F値/1.8, トリプルカメラ, デュアルトーンLEDフラッシュ, レーザーAF, デュアルピクセルPDAF, 2x光学ズーム
メインカメラ特徴
前面カメラ  20MP, F値/2.0
センサ類 指紋認証センサ, 加速度センサ, 近接センサ, ジャイロ, コンパス, 顔認証ロック
機能 防水 非対応, イヤホンジャック なし
バッテリー 2.0, Type-C 1.0, 3070mAh

グローバル版のMIUIが搭載されれば、Google関連のアプリを入れる手間も省ける上に、何より中国国内向けの独自機能が全て省略されるので簡素で使いやすくなります。Mi 9 SEの購入を狙っている方には朗報になるのではないでしょうか。

Source : Xiaomi, XDA Developers

フォローする

Writer

Mo
2013年にMNPを知ってからスマホオタクになった理系学生。メインはiPhone7でサブはズルトラ。 スマホ以外にカメラをやっているのでカメラに関する記事もバンバン書きます。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します