HuaweiのMatebookにバックドアに似た脆弱性。世界に動揺広がる

Huawei Matebookからバックドアとして利用可能な欠陥が発見された問題について、米Times誌や英BBCでも報じられるなど、世界中で疑念が拡大しています。

MicrosoftのWindows 10 Defender Advanced Threat Protectionによって発見されたこの脆弱性は、1月に既に修正されています。それでも尚、疑惑の渦中にあるHuaweiのノートPCから“バックドア同様の働きをする欠陥”が発見されたことから、大きな注目を集めています。

海外メディアThe Epoch Timesによれば、今回の脆弱性は2017年に流布されたマルウェアDoublePulsarに似たものであるとのこと。DoublePulsarは米国家安全保障局(NSA)が開発したハッキングツールで、2017年にハッカー集団Shadow Brokersによってリークされ、甚大な被害を出したことで知られています。

今回の脆弱性は、企業や国家によって仕掛けられたスパイツールなのでしょうか。

海外メディアtom’s Hardwareによると、Huaweiは次のような声明を出しています。

「PC Managerの脆弱性を“バックドア”であると誤解させるメディアがあることを懸念しています。Huaweiはこれを強く否定します。Microsoftは同社の脆弱性調査記事においてPC Managerの脆弱性はバックドアではなくソフトウェア設計の欠陥であると明確に述べています」

Surrey大学のAlan Woodward教授はBBCの取材に応え、次のように結論づけています。
「企業が悪意をもってやったという証拠も、国家から圧力を受けているという証拠もない」

画像はマイクロソフト・セキュリティ・ブログより参照

5G時代を迎え、大きな懸念を招いているHuaweiのセキュリティ問題ですが、今回の脆弱性問題はあくまでソフトウェアの欠陥であり、たまたまNSAのスパイツールに似た挙動をしていただけで、それ以上の証拠はなにもないということで決着しそうです。

Huaweiには、一刻も早い信頼回復が望まれます。

セキュリティ製品の第三者評価を行っているオーストリアのAV Comparatives によると、AndroidのGoogle Pla...

Source:BBCThe Epoch Timestom’s Hardware

フォローする

関連記事

Writer


 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.04.05 15:52 ID:20299aaa3 返信

    >「企業が悪意をもってやったという証拠も、国家から圧力を受けているという証拠もない」

    推定無罪ってことでしょうけど、
    バックドアになりうる欠陥持ったソフト積んで売ってたというだけで
    イメージダウンは避けられないでしょうね。

  2. 匿名 2019.04.05 16:50 ID:f508ab619 返信

    Huawei側は脆弱性といえば許されると思ってるんでしょうけど“意図的な”脆弱性はバックドアと同義ですからね…
    中国の国家情報法がかなりキナ臭いですし
    ポーランドのHuawei幹部のスパイ行為で逮捕、イギリス当局のHuaweiの危険性を説く発令etc……
    もうHuaweiの擁護は不可能です。
    自分もメルカリで所有しているHuawei製品を近々全て売る予定です。
    さようなら。

  3. 匿名 2019.04.05 17:00 ID:794543bf7 返信

    このサイトで必死にHUAWEI擁護の書き込みをしていた自分が馬鹿みたいです。いつも中華に期待しては裏切られます。私も今回の件で流石に中華には懲りましたし失望しました。

  4. 匿名 2019.04.05 18:20 ID:db6685528 返信

    Interもやべーぞ

    • 匿名 2019.04.05 18:31 ID:15a665821 返信

      Intelがヤバいとファーウェイは無罪なの?
      関係の無いIntelに話題変えて何焦ってるの?

      • 匿名 2019.04.10 01:16 ID:dad92e473 返信

        焦ってる…?

  5. 匿名 2019.04.06 08:56 ID:c82002e59 返信

    こういうことがあるから私は絶対に
    中国スマホや中国タブレットは買いません。