iPhoneの生産台数はHuaweiの制裁を受けて微妙に増えたらしい

産業・投資調査会社「Cowen」の生産予測によると、AppleはHuaweiのアメリカ政府ブラックリスト追加を受けて、間もなく終了する第2四半期のiPhone生産台数を僅かに増加させていたようです。

Appleは当初予測では2019年第2四半期にiPhoneを3900万台を生産すると見られていました。しかし、最新の生産予測では4000万台になっています。僅かに100万台ほど増加しています。

ちなみに、4000万台の内3000万台はiPhone Xs / Xs MaxiPhoneXR。残りの1000万台は主にiPhone7、iPhone8であるとのことです。

CowenはHuaweiがアメリカ政府の貿易ブラックリストに追加された事により、Huaweiスマホの売り上げが低下していることが生産増加の原因ではないかと見ています。

実際、Huawei以外の競合メーカーは騒動の恩恵を受けており、最も顧客が回帰するのはハイエンド帯で競合するサムスンとAppleだと見られています。

第1四半期にHuaweiに販売台数シェアを抜かれてしまったAppleですが、世界2位の座は奪還できるのでしょうか。

アメリカに本社を置くIT専門調査会社IDCが発表したレポートで、2019年Q1のスマートフォンマーケットのメーカー別世界シェアが明らかになり...
GoogleからAndroid OSやGoogle Playストアなどの最新アップデート対象から除外されたHuaweiスマホが、世界...

Source: appleinsider.com

フォローする

Writer

gadgetmania
まとめページの管理を担当しています。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.06.28 17:41 ID:352e3fdd1 返信

    まぁそうなるわな
    とはいえ100万台の増加は誤差の範囲のような気もする
    2.5%くらいだし

  2. 匿名 2019.06.28 18:53 ID:488919a91 返信

    サムスンappleはある意味当たり前でそこにどこが追随するのかが重要なような

  3. 匿名 2019.07.02 11:23 ID:22915bf03 返信

    (売れてるとは言ってない。)