Huawei nova 3が日本発売決定。ゲームに最適化された高スペックモデルです。

昨日、10/2にHuawei nova 3が日本で発表されました。発売日は明後日の10/5、市場予想価格は54800円になります。

Huawei nova 3は同社のフラッグシップ機であるP20 Proと同じチップセットであるKirin 970が、RAMは4GB、ROMは128GB搭載されています。

Kirin 970は機械学習に特化したNPUが搭載されており、2400万画素のモノクロセンサーと1600万画素のカラーセンサーのデュアルカメラから得られる画像情報をAIで処理し、最適な設定で撮影できるようになっています。それに加え、2400万画素と200万画素のデュアルフロントカメラでも同様なAIによる画像処理がなされ、自撮りも綺麗に仕上がるようになっています。

フロントカメラはiPhone XのFace ID同様に、暗いところでも認識可能な3D顔認証ができる上に、AnimojiのようなARキャラクターの操作ができる3D Qmoji機能を搭載します。これでTikTokも楽しくできるはずです。

SIMスロットはデュアルSIMで、DSDS対応です。国内3キャリアの回線には全て対応し、auのVoLTEにもアップデートで対応する予定です。

ディスプレイは2340×1080の6.3インチのIPS液晶で、大画面で見やすい液晶を搭載しています。バッテリーは3750mAhで、9V2Aの急速充電対応。他にもmicroSD対応や、イヤホンジャック搭載など、嬉しい機能もついています。

詳しいスペックはこちらから

カメラ、そしてゲームで若者の心をつかめるか

Huawei nova 3はカメラだけでなくゲームに力を入れています。

nova 3にはチップの一部をゲームに優先的に割り当てる機能や、ゲーム中は通知が届かないようにしてユーザーが集中できるように工夫されています。

それに加え、Huawei、そしてKirinでは初の、GPU Turboに対応しています。消費電力は大きくなりますが、ゲーム中のグラフィック性能を格段に向上させることができるようになりました。今のところ、GPU TurboはPUBG MobileとBang Bangにのみ対応ですが、対応は拡大していくものだとみられます。

様々なMVNOから登場します

Huawei nova 3の発表時には、イオンモバイル、OCN、mineo、ニフティ、ビッグローブ、楽天等、MVNO各社が登場したようです。nova 3はこれらの各社MVNOに加え、家電量販店、オンラインショッピングでSIMフリー端末として販売される予定です。

前機種であったHuawei nova 2はauから発売されましたが、nova 3はMVNO主体で販売されるようです。高スペック機種がSIMフリーで購入しやすくなるのは嬉しいことですね。

『Huawei nova 3が日本発売決定。ゲームに最適化された高スペックモデルです。』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/10/04(木) 20:14:37 ID:9300bdeb4 返信

    GPU Turboにイヤホンジャックとゲーマーの欲しいものがわかってる構成ですね。
    シャープさんが発表したzeroは頑張ってると思うけど惜しい所で抜けてる、
    スマホで踏んできた場数の差でしょうか。