Honor Note 10がHuaweiから登場。CPUとGPUターボ、そして何と水冷搭載です

HuaweiからHonorシリーズの大画面モデルのHonor Note 10が登場しました。

Honor Note 10は、名前の通り6.95インチの大画面モデルで、18.5:9のAMOLEDディスプレイを搭載します。対抗機種のXiaomi Mi Max 3はLCDなので、大きなアドバンテージになっています。

前面と背面は2.5Dのガラスパネルで、背面の方は酸化金属によるなのコーティングが施されており、デザインへの力の入れようは好感が持てます。

ベゼルに関しては前機種のNote 8より細くなっており、それにより大画面でもつかみやすくなっています。

Huaweiはこの6.95インチのディスプレイに相当なこだわりを見せています。

600nitsの明るさを誇り、70000:1のコントラスト比です。HDR 10に対応しており、映像が綺麗に映ることは間違い無いでしょう。

また、HuaweiはAIによる映像の改善を導入しており、より鮮明で、何が根拠がわかりませんがクオリティが20%上がっていると主張しています。

また、映像関係でいうと、デュアルスピーカー搭載でオーディオにも抜かりはないようです。

そしてもう一つの特徴が、CPU/GPUターボです。

Honor Note 10には専用のCPUターボボタンがあり、これをおすとCPUパフォーマンスが最大になるようになります。これでバッテリー消費が早くなったり、発熱も出ますが、重いゲームもサクサク遊べるようになるはずです。

なお、このボタンはCPUターボ以外にも画面収録やシャッターボタンなど様々な機能を割り当てることができるようです。

CPUターボ時はやはり発熱がきになるとおもます。Huaweiはこの問題に対してもスマートな解決をしてます。

Honor Note 10は何とパソコンレベルの水冷システムを搭載しています。(Huaweiはこれを「The Nine」と呼んでいます。)これにより放冷効率を41%上昇させ、以前より10℃下げることに成功したようです。これが本当でしたらすごいですね!

他のスペックに関しては、CPUはHuawei独自のKirin 970を搭載し、RAMは8GB、5000mAhのバッテリーを積み、4.5時間のwilderness actionや6.5時間のking of gloryをプレイできるほどのバッテリになるそうです。また、充電に関しても4.5Aの高速充電に対応し、2時間でほぼ満充電になるそうです。

Honor Note 10はゲーミングスマートフォンではないですが、このように高スペックで重いゲームも十分に遊ぶことができるようです。

カメラは16MPと24MPのF1.8デュアルカメラ、つまりハードウェアとしてはHonor 10相当のものを搭載します。しかし、AIによるデジタル手振れ補正はパワーアップされており、特に夜間撮影ではHonor 10よりパワーアップしているようです。

価格ですが、3モデルあって、それぞれ

  • 6GB + 64GB : 2799 RMB (4万6000円)
  • 6GB + 128GB : 3199 RMB (5万2000円)
  • 8GB + 128GB : 3599 RMB (5万9000円)

になります。発売は8/1からで、すでに中国国内では先行販売がはじまっています。

『Honor Note 10がHuaweiから登場。CPUとGPUターボ、そして何と水冷搭載です』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/08/02(木) 11:41:48 ID:6362077df 返信

    twilightcolorあったらこれがいいな~