Galaxy S10+ Olympic Games Editionがドコモから発売

先日、Docomoの新製品発表会がありました。Docomoは、そこで2020年の東京オリンピックの開催を記念したオリンピックモデル「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」を発売します。

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、2019年夏の新商品ラインナップとして、ドコモスマートフォン8機種、Google Pixel...

Galaxy S10+ Olympic Games Editionのベースはその名の通り、Galaxy S10+です。

Galaxy S10+は、RAM / ROMが8GB / 128GBであり、6.4インチのQuad HD+のDynamic AMOLEDディスプレイを搭載します。

スペック概要

基本スペック
ディスプレイ 6.4インチ, 1440 x 3040, 有機ELディスプレイ, 514ppi
サイズ 157.6 x 74.1 x 7.8mm, 175g
システム
OS Android 9.0 (Pie)
Soc Samsung Exynos 9820
Snapdragon 855
CPU Mongoose M4 x2 & Cortex-A75 x2 & Cortex-A55 x4 - Exynos 9820
Kryo 485(2.84GHz) x1 & Kryo 485(2.42GHz) x3 & Kryo 485(1.8GHz) x4 - Snapdragon 855 8コア, 2.8 GHz
メモリ(RAM) 8GB / 12GB
ストレージ 128GB / 512GB / 1024GB,  microSD最大512GBまでSIM2スロットを使用
カメラ
メインカメラ  12 + 12 + 16MP, F値/1.5 - 2.4, トリプルカメラ, OIS(光学手ぶれ補正), LEDフラッシュ, 2x光学ズーム
メインカメラ特徴
前面カメラ  8 + 10MP, F値/1.9, 前面デュアルカメラ, 26mm(広角)
センサ類 指紋認証センサ, 加速度センサ, 近接センサ, ジャイロ, コンパス, 気圧センサ, 顔認証ロック, 画面内指紋認証センサ, 心拍数センサ, SpO2センサ
機能 防水 IPX 8, 水面下での使用が可能, イヤホンジャック あり
その他特徴 Bixby, Samsung Pay, Samsung Dex対応
バッテリー 3.1, Type-C 1.0, 4100mAh

Galaxy S10+ Olympic Games Editionは、スペックは通常のGalaxy S10+と全く変わりありません。

変更点は、背面に東京オリンピック2020のロゴがあしらわれていることと、Samsungの完全ワイヤレスイヤホンであるGalaxy Budsが標準でついてくることです。なお、カラーはプリズムホワイト一色のみです。

Galaxy Budsのイメージ画像

価格に関しては、Docomo版のGalaxy S10+(プリズムブラック)が101,088円なのに対して、Galaxy S10+ Olympic Games Editionは1万円以上も高い114,696円となっています。この差は、Galaxy Budsの価格が上乗せされているからだと思われます。

現在、SamsungはGalaxy S10とGalaxy S10 +を予約して購入した人に対して、無料でGalaxy Budsをプレゼントするキャンペーンを行っています。「どうしてもオリンピック限定モデルがほしい!」という人以外は通常版のGalaxy S10+を購入したほうが良いと思います。

Docomo版Galaxy S10+は6/1発売、Galaxy S10+ Olympic Games Editionは7月下旬に発売予定です。

Source : NTT Docomo

フォローする

Writer

Mo
2013年にMNPを知ってからスマホオタクになった理系学生。メインはiPhone7でサブはズルトラ。 スマホ以外にカメラをやっているのでカメラに関する記事もバンバン書きます。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します