Galaxy S10シリーズは3モデル展開でディスプレイ内蔵指紋認証と顔認証を搭載する?

韓国のニュースサイトによると、2019年に発表、発売されると思われるGalaxyのフラッグシップ機のGalaxy S10は、今までのGalaxyに搭載されていた虹彩認証を搭載せず、ディスプレイ内蔵指紋認証と顔認証(ただの画像認証ではなくFaceIDのような3Dで認証するもの)を搭載するようです。

今までの虹彩認証推し

どうやら部品業界から、Samsungが虹彩認証のモジュールに変化がなく、ディスプレイ内蔵指紋認証と顔認証の開発が進んでいるという情報が出たようです。

ただ、これらの二つの認証方式、特にディスプレイ内蔵指紋認証は開発が難しく、搭載が難しいのであれば虹彩認証を引き続き採用するかもしれません。虹彩認証モジュールの技術は熟成されており、同じ部品を使い回す可能性もありますので、この理由からも虹彩認証がなくならない可能性もあるそうです。

また、Galaxy S10は3モデル展開になるようです。Galaxyは、来年のS10で10周年を迎えるので、これを記念してモデルが増えるようです。

3モデルはスペックの低い順に、開発コードBeyond0が5.8インチの通常のディスプレイにシングルカメラ、開発コードBeyond1が5.8インチのEdge Displayにデュアルカメラ、開発コードBeyond2が6.2インチのEdge Displayにトリプルカメラになるようです。

画像はGalaxy S9のもの

今までGalaxy Sシリーズはものはいいのですが値段がとても高く、どうしてもHuaweiやOneplus勢よりもコスパが悪いイメージがあります。しかし、スマートフォン黎明期から作り続けていた信頼感、そしてGalaxy S3以降の品質、特にS6以降の高品質さ、スペックの高さ、デザインには定評があると思います。

個人的には超ハイスペックモデルになるであろう開発コードBeyond2もですが、特にエントリーモデルになるであろう開発コードBeyond0のコスパの改善に期待しています。

また、今回の報道ではノッチがどうなるかについては報じられていません。認証方式によるとは思いますが、今まで通りノッチなしのデザイン、もしくは何かしらのスマートな解決法があると良いですね。

まだまだ2019年にはなっていませんが、今からGalaxy S10がどうなるか、注目です。

Source: The Verge