【噂】Galaxy Note10は2つのサイズが登場か

画像はGalaxy Note9

Galaxy S10シリーズの高い人気が注目を集めている中で、サムスンは新型のGalaxy Note10で2つのサイズを展開するという情報が流れています。

サイズが2種類に増えるほか、サイズの異なるGalaxy Note10はそれぞれ4G版と5G版で分かれて登場するという噂もあります。これを踏まえると、Galaxy Note10は合計で4種類から選べるということになります。

Galaxy Note10シリーズの機種はGalaxy Note10eとGalaxy Note10+という名前になるとされており、Galaxy Note10eは6.28インチスクリーンを搭載し、Galaxy Note10+は6.75インチスクリーンを搭載すると韓国のメディアは報じています。

画像はGalaxy S8

サムスンのスマートフォンでは、Galaxy S3やS4でミニ版(海外のみ)が展開されていた時期もありますが、S6からはサイズは1種類のみ展開という形になっていました。

Galaxy S8シリーズで2種類のサイズ展開(通常版とその大型版)が再スタート。以後、S9シリーズ、S10シリーズと複数サイズのバリエーション展開を続けています。Galaxy S8とS9シリーズは日本でも二種類のサイズが展開され、馴染みのある方も多いでしょう。海外ではS8とS9ともに大きい+版が人気のようでした。

サムスンはS10シリーズでの成功から、Galaxy Note10でも複数種類のモデルを揃えるのではないかと言われています。

SシリーズとNoteシリーズで客の奪い合いが起きると予想

Galaxy S8シリーズ

これまでは大きいスクリーンサイズが特徴のひとつだったGalaxy Noteシリーズも、Galaxy Sシリーズの大型化でNoteを選ぶメリットが減ってくるようになりました。

Galaxy Note8とGalaxy S8+の両方を所有する筆者としては、どちらもスクリーンサイズに大きな差はないというのが率直な感想です。角が丸みを帯びているGalaxy S8+の方が持ちやすさは優れているとさえ言えます。

もちろんSペンが使えるか使えないかという大きな違いはあるものの、従来のGalaxy NoteユーザーがGalaxy S+系の機種に乗り換える例も珍しくないようです。今後Galaxy Noteシリーズでも二種類のサイズが展開されるとなれば、SシリーズとNoteシリーズ間でのユーザーの奪い合いが激しくなるでしょう。

Source:etnews

フォローする

Writer

Sekey
水道水をお気に入りのキーボードにこぼしたことで壊してしまった。悲しみの中、新しく買うスマホを考え中。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します