Galaxy Buds+が日本でも発売決定。3月12日から

サムスンによるワイヤレス型イヤホン、Galaxy Buds+が日本国内でも発売されます。カラーはブルーとホワイト、ブラックの三色から選択可能。価格は未定ですが海外の149ドル(1万6500円)と同程度になると予想されています。

全国の家電量販店と大手オンライン通販サイト、Galaxy Harajuku(東京都渋谷区)にて、2月25日(火)より予約受付が開始。3月12日(木)に発売予定です。

バッテリー周りが更に強化

Galaxy Buds+の連続使用可能時間は、なんと22時間です。イヤホンのみで使う場合は11時間ですが、ケースを合わせることで22時間の使用が可能になります。

Galaxy Wearableというアプリを使うことにより、Galaxy Buds+本体はもちろん、ケースの電池残量も簡単に確認できるようになりました。ワイヤレス充電(Qi対応)にも対応しており、手持ちのGalaxyスマートフォン(一部機種)から給電して使うこともできるようになっています(パワーシェア機能)。

AKGによるサウンドシグネチャー採用

新しくなったGalaxy Buds+には世界的に評価の高い音響機器メーカーのAKGによるサウンドシグネチャーが引き続き採用されており、高音域と低音域の両方でクリアなサウンドを奏でることができます。初代Galalxy Budsよりも上のオーディオ体験が見込めます。

アンビエントサウンド機能という機能では、アンプを活用することで高いレベルでノイズの低減が可能になります。新たに追加となったゲームモード機能では、ゲーミングシーンでの使用を想定し、ワイヤレスイヤホンの弱点である遅延を最小限に抑えながらコンテンツを楽しむことができます。

タッチジェスチャにも引き続き対応

このような操作はユーザーの好みでカスタマイズ設定することも可能だ

イヤホン側面からのタッチジェスチャの使い勝手が向上したほか、Spotifyとの連携も強化されていますGalaxy Buds+では自身で作成したSpotifyのプレイリストをイヤホン側面の長押しで再生できるようになりました。

これまでの機能、音質向上のための技術が取り入れられていながら、大きさを感じることのないサイズ感が維持されていることも魅力でしょう。

また、対応デバイスの種類もGalaxy Buds旧世代に比べて幅広くなっています。Android 5.0以上でRAM 1.5GB以上のデバイス、iOS 10以上のiPhone7以降のモデルに対応しており、更に多くのデバイスで使うことができます。

ミニマルなデザインなのにデュアルドライバー。 サムスンの製品発表が行われ、Galaxy Z Flipなど個性的なモデルがお目見...
本日2020年2月12日午前4時(日本時間)より、サムスンからついにGalaxyシリーズの新製品発表会が開催されます。telektl...

Source: PR TIMES

フォローする

Writer

Sekey
Twitterはじめました @iamsekey フォロワー100人できるかな?

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.02.20 09:53 ID:450efc47a 返信

    2020/2/13 に tokuiさんが書かれた記事は、
    重量が増えたことや、ノイキャンに対応してないことにも触れられていて良い記事だった、、、

  2. 匿名 2020.02.20 12:21 ID:1c1cfa2eb 返信

    ノイキャンが有るか無いかだけで値段が1万円ほど変わっちゃうから