Essential Phoneにイヤホンジャックを追加できるAudio Adapter HDが発売

スマートすぎるので是非他のスマホでも同じようにしてほしい、今の所無理だけど。

Essentialからついに(今更ながらとも言います)DACつきのイヤホンジャック増設トングルである「Audio Adapter HD」が発売されました。

Audio Adapter HDは今年の6月に発表されたEssential Phoneの周辺機器ですが10、11月になった今ようやく発売されたものです。これは、イヤホンジャックのないEssential Phoneにイヤホンジャックを増設するものです。一般的なUSB-C to イヤホンジャックと違い、Essential Phone背面にある通信コネクタにマグネットでくっつけることでイヤホンジャックを追加します。

※通信コネクタは発売時に話題になった360度カメラを取り付けるのに使うものと一緒です。

変換アダプターではなく専用の通信端子経由ですので充電しながらイヤホンジャック経由で音楽を聴くことができます。これは嬉しい!

また、このAudio Adapter HDですが、名前の通りDAC(ESS Sabre DAC)も搭載しています。高音質なオーディオコーデックのMaster Quality Authenticated(MQA)に対応しており、より高音質で音楽を聴くことができます。(音楽側でMQAに対応している必要があります。)

Essential Phoneのスペックはこちらから

スマートにイヤホンジャックを追加できて、しかも高音質になるという特典つきのAudio Adapter HDですが、お値段149ドル(約17000円!)でアメリカとカナダの公式サイトおよびAmazonやBest Buyなどの小売店で販売開始されています。


今まで一般的だったUSB-C to イヤホンジャックやLightning to イヤホンジャックアダプターはぷらぷらしている、デザインが合わない、充電しながら音楽が聴けないなどいろんなデメリットがありましたがこのAudio Adapter HDは本当にかっこいい解決方法だと思います。まじイカす。

ただ値段はイヤホンジャック増設トングルにしては高いですね。DACにしてもそこそこのお値段です。

専用の接続端子がなければ、このイヤホンジャック増設方法は取れません。規格はEssential独自のもので他社で採用される可能性はほぼ0に等しく、一台のスマートフォンに2万円ほどかけてイヤホンジャックをつけるのはかなり勇気のいる投資だと思います。(Essential Phoneの本体価格を考えると余計に!)

iPhoneはiPhone 8の時からiPad ProのようなSmart Connectorが搭載されるという噂があります。これが実現されればiPhoneでイヤホンジャックを増設したい時は、このAudio Adapter HDのような方式になるかもしれません。その時はDACなしでもいいので、アクセサリとして販売ではなく標準でついてきてほしいですね。販売するとしたらもっと安くしてほしいです。

iPhoneが始めたら他社も追従するでしょうしApple次第でこのAudio Adapter HDのようなイヤホンジャック問題の解決方法はトレンドになりうるのかなと思います。

スマートフォンメーカーの皆さん!!どうですか!!!かっこいいのでぜひ採用してください!!!!

【追記】

皆様コメントありがとうございます。確かに皆さんのいうとおり今のAppleはAudio Adapter HDみたいな変化球的な、ヲタク心くすぐるような攻めたガジェットを出す可能性はほとんどない気がしてきました。

ただ、Smart Connectorが搭載されればサードパーティーで何か出てくれないかなという期待ですね!最新のiPad Proはイヤホンジャックがなくなったようですので、LogicoolあたりからiPad用でSmart Connectorを使ったイヤホンジャック増設アダプターとか出てくれないかなぁと個人的に思っています。

それにAndroid各社からAudio Adapter HDみたいなものに挑戦し、中国とかの中堅メーカーの間で広まっていくとスマートフォン業界が盛り上がるかもしれません。というか皆さんのいうとおりこっちの方が現実的でしょう。いろんなメーカーがこういう変わった技術で攻めていってほしいですね!

Source : The Verge

『Essential Phoneにイヤホンジャックを追加できるAudio Adapter HDが発売』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/11/24(土) 11:25:42 ID:b899a719b 返信

    今のAppleにはこういう挑戦をする勇気も力もないでしょう。悲しいですが、Appleが革新の担い手であった時代はもう終わりました。

    新興企業のこうした挑戦がどんどんひろまっていってほしいものです。

    • 名前:匿名 投稿日:2018/11/28(水) 11:14:44 ID:e2d011175 返信

      もう終わりましたというか、スマホを一般化させるという
      最大の偉業が落ち着いたiPhone4-5あたりより後の時代では
      iPhoneが革新の担い手だったことなんてないような気がします

      Androidで先に事例のあった部分について
      iPhoneが取り込んで一気に流れが変わるという例であれば
      音声操作、防水、デュアルカメラ、イヤホンジャック撤廃、
      Qi対応などなどありましたけど

  2. 名前:匿名 投稿日:2018/11/26(月) 09:33:09 ID:f6c6e8634 返信

    ガジェヲタ的に凄く惹かれるガチャガチャ感がありますが
    BTやQiのように非接触化を進めるiPhoneはこういうことはしないでしょうね。
    街で見かけるiPhoneユーザーの殆どがカバーをかけていることからも
    日本のiPhoneユーザーはこういうのは望まない人が多いでしょうし。
    こんなふうにヲタ心を何かとくすぐってくるのはやはりAndroidですね。
    iPhoneは安定感抜群、安定感に付随しがちな加齢臭をうまく消してるのが強み。