Apple Arcadeは月額600円で9月20日スタート。ゲームに追加課金なし

Appleは本日新iPhone発表イベントを行い、その中で月額制ゲームアプリ遊び放題サービスApple Arcadeを正式発表しました。日本では月額600円で、9月20日にサービスを開始します。

Appleからついに新型iPhoneシリーズが発表されました。 iPhone 11 / iPhone 11 Pro / iPh...

アップルがゲームの遊び方も変えていく

音楽を聴く、本を読む、映画を観る――さまざまな私達のライフスタイルに変革をもたらしてきたアップルが、ゲームの遊び方も変えてしまうのでしょうか。

これまでスマートフォンやタブレットのゲームは基本プレイ無料で追加課金や、ゲームを1本ずつ購入するスタイルが一般的でしたが、Apple Arcadeは月額600円で100本以上のゲームが毎月遊べるサブスクリプションモデルを採用しています。

追加課金要素はもちろん、広告もありません。

さらに家族6人までサブスクリプションを共有できるため、家族であれば一人ひとり600円払う必要さえありません。

コナミやカプコンも参入

発表会では日本でも馴染み深いコナミの「Frogger in Toy Town」、カプコンの「深世海 Into the Depths」といったゲームが紹介されました。

100本のゲームの中には、Klei Entertainmentの「Hot Lava」のようにPCゲームとして開発された本格的なアクションゲームも含まれています。

これまでスマホゲームといえば、ポチポチと画面をタッチするだけだったり、高額課金者が勝利するPay to Winのイメージが強かったですが、「PUBG Mobile」や「フォートナイト」の世界的な流行でビジネスモデルも少しずつ変貌しつつあります。

Hot Lava Gameplay Trailer

まだ不明な部分も

豊富なラインナップ

ゲーマーにとっては楽しみなApple Arcadeですが、まだよくわからない部分もあります。

アップルの公式サイトにはラインナップに関して次のように記述されています。

新しいキャラクター、ストーリー、世界も毎月登場

今後も新しいゲームが追加されることは間違いないようですが、Amazonプライム・ビデオやHuluのような動画のサブスクリプション・サービスでは、ドラマや映画が期間限定で配信が停止されるケースもあります。

配信終了になるゲームがあるのかなど、細かい点はいまだによくわかっていません。

サービス開始は9月20日

まだまだ不明点もありますが、Apple Arcadeの登場によって、高品質なゲームを安くお腹いっぱい楽しめるならば、ユーザーとしてこれを歓迎しない理由はないでしょう。

ゲームはオフラインでもプレイ可能、iPhone、iPad、Apple TV、Macいずれのハードでもいつでもプレイすることができます。

9月20日のサービス開始を今から楽しみに待ちたいと思います。

Source:Apple

フォローする

Writer


関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します