実機レビュー:Xiaomi Black Shark 3【最高レベルのゲーミング性能】

Xiaomi Black Shark 3は2020年3月に発売されたスマートフォンで、6.67インチディスプレイやSnapdragon 865を搭載しているのが特徴です。

投稿してくださったEnomoto様、ありがとうございました。

Xiaomi Black Shark 3のスペック概要

基本スペック
ディスプレイ6.67インチ, 1080 x 2400, 有機ELディスプレイ, 395ppi
サイズ168.7 x 77.3 x 10.4mm, 222g
システム
OSAndroid 10.0
SocQualcomm Snapdragon 865 5G
CPUKryo 585 8コア, 2.84 GHz
メモリ(RAM) 8GB / 12GB
ストレージ 128GB / 256GB,  microSDスロット無し
カメラ
メインカメラ 64 + 13 + 5MP, F値/1.8, トリプルカメラ, LEDフラッシュ, PDAF
前面カメラ 20MP, F値/2.2
センサ類 画面内指紋認証センサ, 加速度センサ, 近接センサ, ジャイロ, コンパス
機能防水 非対応, イヤホンジャック あり
バッテリー2.0, Type-C 1.0, 4720mAh
https://telektlist.com/smartphone_info/black-shark-3/

購入について

購入の決め手

PUBGモバイルというゲームタイトルにて競技プレイをするにあたり、従来iPhone8+を使用していたが、端末への負荷が大きくゲームを正常にプレイできなかった。そのため、ゲーミングスマートフォンとして最高レベルのスペックを誇る本モデルを購入。

購入時期・購入価格

購入時期:2020年6月
購入価格:62,000円程度

購入モデル

RAM8GB、ROM128GB、本体色ブラック

化粧箱・付属品

箱は頑丈でとてもクールなつくりとなっており、表面にはBlack Sharkのロゴが印刷されていました(Black Shark 3公開にあわせて、少し刷新されたそうです)。

中には充電器、変換器、ステッカー、SIMカードを取り出す際の細い金属棒が入っていました。保護フィルムは同梱されていなかったため、別途購入が必要でした。

本体デザイン

見た目は、画像の通り黒のメタリックといった感じで、従来のスマートフォンより少し大きく感じますが、とても持ちやすい印象です。裏にはBlackSharkのロゴがあしらわれており、起動とともに緑に光ります。

ディスプレイ

解像度はとても良く、ゲームをプレイする上で不満は全くありません。

ソフトウェア・アプリ

自由なカスタマイズが可能で、ホーム画面の背景なども細かく設定できました(さまざまなゲームタイトルをモチーフにしたテーマもダウンロードできます)。

動作・ゲーム性能

ゲームをプレイする上での障壁となるカクつきや、長時間での使用の際に起きる画面の明るさ低下が全く起こりません。

発熱も他の端末と比べるとかなり抑えられており、プレイ中に熱いと感じることはほとんどありませんでした。

カメラ性能・写真サンプル

普段使いであれば、問題なく使用することができます。また、加工も簡単に行えます。

スピーカー・音質

イヤホンジャックを使用すると音がこもるような印象です。

電池持ち・充電速度の印象

バッテリー持ちは非常に良いです。また、充電スピードも素晴らしいです。

まとめ

良い点

①ゲームに特化しており、画質や動作など、最高峰のパフォーマンスを誇る点
②ゲームプレイ中の録画を快適に行えるよう、録画ボタンを移動させられる点
③画面が大きくプレイの幅が広がる点

悪い点

①人にもよるが、見た目やロゴがチープに見える点
②イヤホンジャックを使用すると音がこもるため、Bluetoothイヤホンなどが必要になる点

全体的な感想

コストパフォーマンスは素晴らしいの一言で、とても良い買い物をしたと感じています。

惜しい点としては、イヤホンジャック使用時に音がこもりがちになることが挙げられます。そのため、BluetoothやType-Cイヤホンの使用をおすすめします。

評価:4.5点/5点満点

価格・購入先

Black Shark 3の 8 GB/ 128 GB モデルの発売時の価格は日本円で約 53,000円でした。購入時の参考にどうぞ。

現在、通販サイトでの購入が可能です。

その他実機レビューはこちら

フォローする

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します