auとソフトバンクで早くも学割開始【2020年〜2021年版】

イメージ

auとSoftbankで、早くも2020年〜2021年版の学割が開始されました。10月27日現在、Docomoではまだ発表されていません。今回学割を一番初めに開始したのはauでした。

auワイド学割概要

イメージ

auでは今回、iPhone 12 / 12 Proの発売と同日である10月16日から学割を開始しています。終了日は公表されていませんが、通常通りであれば2021年5月31日頃まででしょう。対象条件は以下の通りです。

・申込み時点で29歳以下の契約者が新規契約(MNP含む)または機種変更を行う
・「対象の料金プラン」に新たに加入するか、すでに加入している方
・auワイド学割に申し込み

対象年齢が29歳以下と範囲が拡大しています。基本的に申し込みの翌月から適用されますが、2020年10月16日~2020年10月22日に手続きが完了した方については、「auワイド学割」の割引の適用が2020年12月以降となるようです。この期間に手続きした方のみ、即時や翌月からではないので注意が必要です。

今回の学割では、月額料金を6ヵ月間、最大1,600円割引をしてくれます。4G/5Gプラン両方で適用することが可能です。プランによって割引額が変動します。

(6ヶ月間1,000円割引されるプラン)
・データMAX 5G
・データMAX 5G ALL STARパック
・データMAX 4G LTE

(6ヶ月間1,600円割引されるプラン)
・データMAX 5G Netflixパック
・データMAX 5G テレビパック
・データMAX 4G LTE Netflixパック
・データMAX 4G LTE テレビパック

また、月の利用データ量が2GB以下の場合にも、プランによっては割引金額が変動するので注意が必要です。プランが多い分、少し複雑に設定されており、分かりにくい印象を受けます。

→ auの公式サイトはこちら

SoftBank学割概要

イメージ

Softbankでは、10月23日から受付を開始しており、終了日は2021年5月31日までです。対象条件は以下の通りになります。

・使用者の年齢が5歳以上22歳以下
・期間内に、新規契約(MNP・番号移行を含む)、機種変更または契約変更(3G/4G通信→5G通信)の手続きを行い、「メリハリプラン」に新たに加入または、手続きの時点で既に加入していること
※データシェアプラスの子回線は対象外
・過去に本キャンペーンの適用を受けたことがある携帯電話回線の使用者ではないこと
・個人名義の契約

使用者が学生である必要はありませんが、年齢確認ができる書類の提出が必要のようです。今回のキャンペーンでは、6ヵ月間、データプランメリハリの定額料から毎月2,580円(利用のデータ量が2GB以下の請求月は1,080円)割り引きされます。以下の割引をすでに受けている場合、学割との併用ができません。

・ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典(特典B)
・ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム(特典B)

Softbank公式サイトはこちら

今回、auとSoftbankがいち早く学割を開始し、iPhone 12が発売されたこともあり、まだ学割を発表していないDocomoの方針にも、何かしらの影響がある可能性はあるでしょう。通常であれば12月頃に学割が開始されることが多いDocomoでも、早めの学割発表が行われる可能性があります。

Source: SoftBank, au

フォローする

Writer


関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.10.29 16:51 ID:ee709fbb2 返信

    サムネの文字が「学害」に見えた

  2. 匿名 2020.10.29 17:25 ID:93193e213 返信

    年齢差別だろこれ
    ムカツク

    • 匿名 2020.10.30 09:01 ID:60de6b5dc 返信

      でも40歳以上の団塊世代はマイホーム購入してるんだろ?それこそずるいよ
      給料も上でさー00

      • 匿名 2020.10.30 10:08 ID:9cbca3c94 返信

        ずいぶん団塊の世代が若いね?

  3. 匿名 2020.10.29 17:59 ID:e6c9d6f9e 返信

    結局iPhone iPhoneかよ。
    Androidなら身銭切る必要もないのになw

  4. 匿名 2020.10.29 18:00 ID:a4a06c893 返信

    ありがたや〜